製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

世界で唯一。数種の異なる船舶用燃料油の自動ブレンディング装置とは?[アクアメトロ日本]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン  / 2020年02月20日 /  造船・重機 産業機械機器 建設・プラント

No.2572 2020年2月20日

● Sulfur Cap(船舶の排ガスSOx規制)への対応、できていますか?

2020年1月1日発効のSulfur Cap(船舶の排ガスSOx規制)に対応するために
は、含有硫黄分の低い燃料油の使用が必要です。船舶の排ガスは、外洋では
硫黄分0.5%、ECA地域では硫黄分0.1%が要求されます。

要求される硫黄分を確実にするための対策は、もうお済みですか? 
もしまだなら、アクアメトロ日本様の「DieselSwitch(燃料油自動切替装置
)」の搭載を強くお勧めします。数種の異なる船舶用燃料油を自動でブレン
ディングできるので、人的ミスを防ぐと共に、最短で適正含有硫黄成分にす
ることができます。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

数種の異なる船舶用燃料油を自動でブレンディング
船舶での燃料油の自動切替に「Diesel Switch」


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 船級DNVGLの型式承認を取得。450台以上の納入実績あり
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
船舶に給油される燃料油の含有硫黄分にはバラツキがでてくるので、要求さ
れる0.5%(外洋)0.1%(ECA地域)に合致させるためには、「Diesel
Switch」を使って数種の異なる燃料油を自動ブレンディングするのが得策。

「Diesel Switch」は、船級DNVGLの型式承認を取得しており、世界で唯一の
数種の異なる船舶用燃料油の自動ブレンディング装置です。450台以上の納
入実績があります。

>> 「Diesel Switch」の用途や特長はこちら


■ 高価なMGO/MDOを無駄にせず、コストを低減
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Sulfur Cap発効により、現在のHSFO(硫黄分3.5%)の使用が制限され、
LSFO(低硫黄燃料油)の需要が増加し、燃料油の価格高騰が懸念されます。
「Diesel Switch」を搭載すれば、数種の燃料油をブレンドすることにより、
要求される硫黄分を確実にするだけでなく、コスト低減にもつながるメリッ
トがあります。

>> 「Diesel Switch」の資料請求はこちらから


【展示会出展のご案内】
同社は、2020年03月11日(水)~13日(金)まで東京ビッグサイトの東京国
際展示場で開催される「SEA JAPAN 2020」に出展します。
ブースは、のSK-39です。是非お立ち寄りください。

>> 「SEA JAPAN 2020」出展の詳細はこちら


>> お問い合わせはこちら

--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら