製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

質量流量計測に最適なコリオリ式流量計。ヨーロッパを中心に採用実績多数あり[アクアメトロ日本]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン  / 2024年02月01日 /  造船・重機 産業機械機器 建設・プラント

No.2833 2024年2月1日

● ヨーロッパを中心に数多くの実績あり。コリオリ式流量計

質量流量計には、熱式やコリオリ式など、さまざまな種類があります。流体
の測定以外に昨今では、流量以外の情報も同時に収集できたり、集中管理し
ている遠隔地に向けて情報発信したりと、マルチな機能を搭載した質量流量
計も増えています。

今回、ご紹介するのは、アクアメトロ日本様のコリオリ式流量計です。
同社の流量計は、韓国・日本をはじめ世界中の造船所で採用され、船舶の燃
料油、シリンダー油、オイルバーナーなどの計測で幅広く使用されています。
次世代燃料と言われているアンモニアにも十分対応でき、既に使用されてい
る、いかなる種類のバイオ燃料にも対応できます。

そんな同社のコリオリ式流量計は、ヨーロッパを中心にすでに数多くの実
績があります。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

船舶の燃料油用流量計などの採用実績あり
コリオリ式流量計など、高精度&低価格な計量製品を提案


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 質量流量計測に最適なコリオリ式流量計
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社のコリオリ流量計には、流量計本体にディスプレイが付いているモデル
とディスプレイが付いていないモデルの2種類があります。
仕様は下記のとおりです。

・温度範囲:-50 to +120℃ up to +210℃
・最高使用圧力:PN40
・面間距離:220 mm up to 900 mm
・ハウジングの素材:ステンレス鋼SS304
・接液部の素材:ステンレス鋼316Ti
・プロセス接続:Flange DIN DN15 up to DN200/ PN40
・公称流量:600 kg/h up to 480 000 kg/h
・保護等級:IP66

>> カタログダウンロードはこちら


■ 船舶における燃料油消費量、粘度・密度の計測に最適
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社では従来、質量流量計測には同社の容積流量計と比重計の組合せを提案
してきました。船舶の新造時から質量流量計測の搭載が決定事項となってい
る場合は、同社のコリオリ式流量計が最適です。しかし、容積流量計が搭載
されている就航船で、質量流量計測の改造を行う場合は、同社の比重計をご
検討ください。
同社ではほかにも高精度な各種流量計、粘度/密度計を展開しています。

>> 船舶など、長期間計測可能な燃料油流量計測計

>> 長期間計測可能な流体(燃料油他)の粘度/密度計測計

>> 船舶での燃料油の調質に燃料油調質装置「ホモジナイザー」

>> 船舶での燃料油の切替に燃料油自動切替装置

>> コリオリ式流量計についてのお問い合わせはこちら


■ 「Sea Japan 2024」に出展
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社は、4月10日(水)から東京国際展示場 東京ビッグサイトで開催される、
「Sea Japan 2024」に小間番号1G-03で出展いたします。
プレゼンテーションも4月11日A-12(12:50~13:20)にて、下記内容にて実施い
たします。

英文:Fuel Performance ‐ data measurement, analyzing and recording to
fulfill energy efficiency SEEMP regulations

和文:燃料性能 - エネルギー効率SEEMP規制を満たすためのデータ測定、
分析、記録

ぜひご来場いただき、最新の製品やサービスをご覧ください。

>> 「Sea Japan 2024」の出展内容はこちら


--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら