製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
日通NECロジスティクス株式会社
事例

【試験事例】輸送試験 衝撃試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
試験事例  / 2022年08月03日 /  産業機械機器 試験・分析・測定 物流・搬送

輸送試験 衝撃試験

試験名

輸送試験
製品強度確認試験
衝撃に対する製品強度を把握する試験。

輸送試験 衝撃試験
特徴

衝撃に対する製品強度を知ることにより、過剰包装の予防や是正が可能です。
他にも、衝撃に対する製品評価試験も実施ができ、各種試験規格への対応が可能です。

対応する規格

JIS Z 0119,JIS B 3502,JIS E 4031,JIS C 60068-2-2,etc

試験条件

どの程度の衝撃が製品にダメージを与えるかを技術的に見極めるために、ダメージバウンダリーカーブ(損傷境界曲線)を作成することで、過剰包装の是正が可能となります。

試験条件

仕様(試験条件、槽内寸法など)

仕様(試験条件、槽内寸法など)

試験実績

製品単体「医療機器、電子機器、自動車部品、印刷機器、etc」

試験事例
輸送試験 落下試験 >> 輸送試験 振動試験 >>
輸送試験 圧縮試験 >> 輸送試験 衝撃試験 >>
輸送試験 前処置 >>
  • HOME
  • ニュース
  • 製品・技術
  • 事例
  • 試験一覧
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com