製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

他社で断られた案件も諦めずにご相談ください。日本で10指に入る振動台スペックを保有。[MTI]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン 受託分析/試験機器  / 2018年02月07日 /  産業機械機器 試験・分析・測定 物流・搬送

No.2370 2018年2月7日

● 地震波形の変位/加速度/速度を100%再現

他社では再現が困難な東日本大震災の地震波形の加速度や、兵庫県南部地震
の地震波形の変位、NEBS、NTT等の人工地震波を100%再現できる加振装置を
保有するのが株式会社MTI様です。

同社は、NYK輸送技術研究所を前身とする日本郵船グループの一員として培っ
た技術を活用し、振動試験を受託。ロール、ピッチ等の動揺試験にも対応し
ます。試験条件や振動台スペックが合わず他社で断られた場合でも、ぜひ一
度、ご相談ください。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

最大積載量20t、2.6m×6.2mの大型三次元振動台で背高・長尺製品に対応
3軸6自由度の同時振動・衝撃・動揺を再現


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 大型製品の耐震試験のほか、輸送時の環境を忠実に再現した輸送試験も
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本で10指に入る振動台スペックを保有し、耐震試験/振動試験を行う同社
では、大型製品の耐震試験が強みです。
・何日間でも連続加振が可能
・複数の試験体を載せて同時に加振が可能(試験体の大きさによる)
・ICB容器の評価試験にも対応、電動油圧式なので液漏れにも対処可能
・試験体を設置した20ftコンテナを振動台に載せて加振することが可能

輸送振動試験も行っており、自動車専用船、北米大陸横断鉄道、首都高速走
行のトレーラーなど、実輸送の波形で輸送環境を忠実に再現。動揺試験の実
施も可能です。

また同社では、このたび施設内の照明を完全LED化。施設天井に固定してい
るビデオカメラも、ズーム・首ふり機能付きに一新しました。
施設見学や加振デモも受け付けておりますので、混み合う前にご相談くださ
い。

>> 実際の輸送振動で加振する同社の耐震・振動試験の技術の詳細はこちら

>> 液状の危険物を収納する「IBC容器」の振動試験の詳細はこちら


■ 耐震試験・振動試験により製品の信頼性と付加価値を高めた事例
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
マテハン機器メーカー様の事例:
製品(物流倉庫蔵置用ラック)の耐震性を検証するために、各種地震波にて加
振し、要求される耐震性能を満たす事を確認しました。

19”ラックメーカー様の事例:
製品の耐震性を検証する為に、NTT人工地震波にて加振し、要求される耐震性
能を満たす事を確認しました。

電機機器メーカー様の事例:
輸送中の振動を再現、電機機器の梱包・積み付け方法の評価試験を実施しま
した。

車両用装置メーカー様の事例:
要求規格IEC61373およびJIS E 4031に基づき加振し、車両振動に対し十分な
強度を持つ装置であることを実証しました。

その他、日本全国に販売されるもので、耐震試験規格の定められていない場
合には、下記3種類の実地震波で加振して、問題のないことを確認するよう
お勧めしています。

1. 地盤の比較的柔らかい地域 :兵庫県南部地震波
2. 地盤の比較的固い地域   :新潟県中越地震波
3. 地震による加速度が最大  :東日本大震災・栗原市築館地震波

>> 幅広い業界に支持される同社の耐震・振動試験の事例と詳細はこちら


>> 耐震試験や輸送振動試験、耐震性能評価などのお問い合わせはこちらまで


--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら