製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

軸・軸受部周囲の補修やアルミの補強に、溶射による表面処理がおすすめ[姫路メタリコン]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン セラミックス(素材/加工)  / 2017年10月25日 /  産業機械機器 鉄/非鉄金属 セラミックス

No.2326 2017年10月25日

● 鉄・ステンレス・アルミの上にも施工できるコーティング

部品の耐熱性・耐摩耗性・耐食性のアップ、アルミの補強、カーボン製治具
の反応防止などには、溶射による表面処理がおすすめです。

なぜなら、溶射は基材への熱影響が少なく、めっき加工が難しい素材にも加
工が可能だからです。姫路メタリコン株式会社様では、お悩み、用途、材質
に合わせた表面処理を提案・加工しています。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

アルミやステンレスが歪むことなく、精度を保ってコーティング
寿命・耐摩耗性・耐食性がアップする「溶射」による表面処理加工


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 軸・軸受部周囲の摩耗・傷を、精度を保ったまま補修、耐摩耗性も強化
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
溶射がよく活用されている事例として、軸・軸受部周囲の補修があります。
その理由は2つ。ひとつは、溶接より熱影響が少ないので歪みにくく、精度
を保てること。2つ目は、めっきと違って厚盛が容易で、大型形状にも対応
できるからです。

摺動やガタつきで摩耗した部分を、高硬度の金属や超硬合金、セラミックス
などの溶射で補修。寸法復元と高硬度化が同時にでき、軸・軸受の寿命を延
ばすことができます。

>> 溶射による耐摩耗コーティングの資料はこちらから


■ アルミの補強も溶射で解決
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アルミなどの柔らかい材料の補強にも、溶射が活用されています。
超硬合金のような硬い材料をコーティングすることで耐摩耗性を付与し、薄
肉化を防止します。

>> アルミ製ブロワーケーシング内面の補強事例はこちら


金属、セラミックス、サーメット、アモルファス、プラスチックなど、様々
な材質を成膜することが可能です。

部品の素材選びから、下地処理、コーティング、仕上げまで、一貫製作も可
能です。部品の強度、耐熱性、耐食性などにお悩みなら、お気軽にお問い合
わせください。

>> お問い合わせはこちらから


--- PR -------------------------------------------------------------
◆足で稼ぐ営業を見直しませんか?
貴社のサイトを“できる営業マン化”「WEB営業力」の強化を支援します。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら