製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
電子機器・部品・材料の各種信頼性試験およびEMC測定などに幅広く対応
製品・技術

IP試験(電気機械器具の外郭による保護等級試験)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
信頼性試験  /  自動車 電子・半導体 試験・分析・測定

IP(International Protection)とは、電気機械器具の外郭への異物、ホコリや水に対する保護等級です。試験評価は保護等級により標準化された試験方法によって実施します。
当社では、車載IP試験にも対応しています。

 

IP防水試験

IP試験(IPX1)事例

IPX1試験例

IPX1試験例

IP試験実施例
携帯電話、ノートPC、タブレット、デジタルカメラ、時計、離床センサ、ガラス+樹脂の成型品、足圧センサ、電気温風機

IP試験(IPX4)事例

IPX4試験例

IPX4試験例

耐水性を確認します。

IP試験実施例
携帯電話、ノートPC、タブレット、デジタルカメラ、時計、離床センサ、ガラス+樹脂の成型品、足圧センサ、電気温風機

IP試験(IPX5)事例

IPX5試験例

IPX5試験例

携帯電話、デジタルカメラ、時計、屋外設置製品などの様々な電子機器の耐水性を確認します。

IP試験実施例
DCモーター、LED投光器、産業用インクジェットプリンタ、電源ボックス、放射線検出器、高天井専用電源ユニット、防水ヘッドホン、LED

IP試験(IPX7)事例

IPX7試験例

IPX7試験例

デジタルカメラ、時計などの防水機能を確認するための様々な電子機器の耐水性を確認します。

IP試験実施例
面状発熱シート、加速度計、無線機用ケース、浴室用TV

車載IP試験(IPX4K)事例

IPX4K試験例

IPX4K試験例

IPX4K試験(ISO 20653、JIS D 5020)は自動車、二輪自動車等で散水および飛水が直接当たる影響のある製品・部品に対して適用します。
乗用車ほか4輪自動車では車外、二輪自動車ではハンドルバー、インストルメントパネルおよびフレーム下部等、飛水が直接当たる位置に搭載されているものが対象です。

IP試験実施例
ECU、LEDヘッドランプや全方位カメラなどの車載用品

車載IP試験(IPX6K)事例

IPX6K試験例

IPX6K試験例

IPX6K(ISO 20653、JIS D 5020)は高圧ホース洗車を想定した、耐水性を確認します。

IP試験実施例
電動オイルポンプ、コンプレッサー、バッテリーボックス、 内燃機関用Fuel Pipe Assyなどの車載用品

車載IP試験(IPX9K)事例

ECUのIPX9K試験の様子

ECUのIPX9K試験の様子

携帯電話のIPX9K試験の様子

携帯電話の
IPX9K試験の様子

IPX9K(ISO 20653、JIS D 5020)は高圧スチーム洗車を想定した、耐水性を確認します。

IP試験実施例
車両搭載ユニット、電子スロットルボデー、ウォーターポンプ、アクチュエータ、ケーブル付コネクタ、小型カメラユニット、カメラ、グロープラグ、コントローラユニットBOX、CCV(クランクケースブローバイ換気装置)ヒーター、 AM/FMアンテナ、レジャービーグル用アクチュエータ、車載カメラ用コネクタ、車載レンズ、電動オイルポンプ、コンバータ、水温センサ、オイルコントロールバルブ、車載カメラ、ソレノイド、光学レンズ、ECU、キャブティルトポンプ、Fuel Pipe Assy、ABSセンサー、RFIDタグ、車載電装品、ジャンクションボックスASSY、コントロールボックスASSY、光輝モール、インバータなどの車載用品、車載用電子機器
IP防水試験  製品の大きさの目安・耐荷重など
IPX1 鉛直に落下する水に対して保護する。 1辺50cmの体積程度・10kg
これより大きい場合はご相談ください。
IPX2 15度以内に傾斜しても鉛直に落下する水滴に対して保護する。
IPX3 散水に対して保護する。 オシレーティングチューブを用いる試験では一片40cmの立方体で10kgまでとし、製品が大きくハンドスプレーノズル(散水ノズル)を用いる試験ではサイズ、重量はご相談ください。
IPX4
IPX4K ※2
水の飛まつに対して保護する。
IPX5 噴流に対して保護する。 1辺60cmの体積程度・60kg
これより大きい場合はご相談ください。
IPX6
IPX6K ※2
暴噴流に対して保護する。
IPX7 水に浸しても影響がないように保護する。

耐荷重:100kg

試験装置内の大きさ:水深1m水槽

IPX8 潜水状態での使用に対して保護する。

試験装置内の大きさ:内径Φ30cm×H45cmの加圧タンク

水深と同等に加圧して試験
(3気圧、30m相当まで)

IPX9K ※2 高圧の水を用いて洗浄する時または、スチームを噴射して洗浄する時の水に対して保護する。

1辺60cmの体積程度・60kg

これより大きい場合はご相談ください。

※2:IPX4K、IPX6K、IPX9KはISO 20653、JIS D 5020等で規定。車載IP試験で対応。

IP防塵試験

IP試験(IP5X)事例

IP5X試験例

IP5X試験例

耐塵性を確認します。

IP試験実施例
車載カメラ、デジタル指示調節計、屋外用LED投光器、狩猟用発信器、リモコン、送信機、ECU、ソレノイド、産業用インクジェットプリンタ、 モータ、電源ボックス、光学センサーユニット、制御盤、屋外気象センサー

IP5X、IP6X(IEC 60529、JIS C 0920)の粉塵試験方法概要

耐塵試験機に1m3あたり2kgのダストを投入し、循環させて8時間放置する。ダストはタルク粉を使用(その他のダストは不可)。カテゴリー1の外郭は、被試験品内の圧力を真空ポンプによって大気圧以下にする。

カテゴリー1とは:内部器具の通常の使用サイクルにおいて、熱サイクル効果などによって外郭内が外気に対して負圧になるもの

IP5K、IP6K(ISO 20653、JIS D 5020)の粉塵試験方法概要

塵埃試験機に1m3あたり2kgのダストを投入し、6秒の駆動と15分の休止を20回繰り返す。
使用するダストは規格により、アリゾナダスト。試験機はISO 20653規格専用の塵埃試験機を使用。

IP防塵試験  製品の大きさの目安・耐荷重など
IP1X 直径50mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。

製品の大きさのサイズ、重量特に制限はありません。

ご相談ください。

IP2X 直径12.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。
IP3X 直径2.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。
IP4X 直径1.0mm以上の大きさの 外来固形物に対して保護している。
IP5X
IP5KX ※1

防じん形

(防じん ※1)

ドア:W800 x H800mm

装置内
:W1000 x H1000
x D1000mm

製品の大きさの目安:1辺60cmの体積程度

耐荷重:60kg

IP6X
IP6KX ※1

耐じん形

(防じん密封 ※1)

※1:IP5KX、IP6KXはISO 20653、JIS D 5020等で規定。車載IP試験で対応。

設備一覧

耐塵試験機

設備名 主な仕様

耐塵試験機

型名:SH

製造者:板橋理化工業

適用試験
:JIS C 0920、IEC 60529
試験槽内寸法
:幅100cm×奥行100cm×高さ100cm
試験槽口寸法
:幅100cm×高さ100cm
試料台
:60cm×60cm
ケーブル孔
:10φcm
風速
:~10m/s

プログラム運転可能

IP試験、車載IP試験に関するお問い合わせ

電子部品・電子機器に関する信頼性試験や環境試験について、OKIエンジニアリングまでお気軽にお問い合わせください。

ご相談により、試験条件のご提案や試験治具の作製も行います。

お見積りのご依頼や試験可否については、製品や部品の品名情報、詳しい試験や分析の条件についてお知らせいただけるとスムーズです。

参加ポータル
試験・分析.com