製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
各種分析・計測機器(研究開発・品質管理・プロセス管理用)
事例

二軸スクリューエクストルーダーを用いた プラスチック(フォイルシュレッド)のリサイクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
エクストルーダー  / 2023年11月02日 /  環境 化学・樹脂 試験・分析・測定

プラスチックは成形が容易で、腐食も起こらず、分解も緩やかに進行します。これらの特性は幅広い用途に有効ですが、プラスチックの広範な使用と耐久性は廃棄物管理の重大な問題の一因となります。年間260 Mtものプラスチックが生産され1、その大部分の38%が包装に使用されています2。それらがその役割を果たした後、ほとんどの場合、廃棄物という最終目的地に到達します。プラスチック包装は、EUで廃棄されるプラスチックの76%を占めています。さらに、プラスチックは石油化学製品から製造されているため、化石燃料やプラスチック廃棄への依存を減らすために、リサイクルが重要な戦略の1つです。溶融と再押出はプラスチックの伝統的なリサイクルアプローチです。

 

当ページからダウンロードできるアプリケーションノートでは、二軸スクリューエクストルーダーを活用したプラスチックリサイクルに関してのプロセスをご紹介しています。

 

当社は、200 g/hから30 kg/hまでの処理能力を備えたラボやパイロットスケールの二軸スクリューエクストルーダーを提供しており、リサイクルプラスチックへのでフィラー、着色剤や添加剤の混合や、小スケールでのリサイクルソリューションの研究、添加剤の開発などに活用いただけます。

 



  • HOME
  • 製品・技術
  • イベント 展示会出展、セミナー
  • 事例
  • コラム
  • 会社概要
  • お問い合わせ
参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com