製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
魚類・藻類を使用した評価試験/機能性原料の開発・製造/試験生物販売
製品・技術

魚類における薬理薬効試験とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
R&D支援サービスとは  /  医療・バイオ 環境 試験・分析・測定

海洋生物を用いた薬理薬効評価のご提案

 

海洋生物を用いた薬理薬効試験を提案うみの株式会社では、海水性の生物を利用した

薬理薬効試験をご提案しています。

 

 

  

 

薬理薬効試験の主な用途・事例

  • 医薬品や機能性食品、素材、新規化合物などを対象とした

    ・有効性や安全性の評価試験

    ・新規候補物質のスクリーニング 

  • 他用途の殺菌剤の水産養殖、鑑賞魚への応用の可否を検討
  • 水産用医薬品や水産用飼料の複数生物への影響評価試験

 お客様のご要望に応じた形で、幅広く柔軟に対応いたします。

  

験生物の種類世界各地の塩水湖に生息する小型の甲殻類「アルテミア」の飼育試験

  • 魚類
  • 甲殻類
  • 藻類
  • 二枚貝類 など

 

うみの株式会社の薬理薬効試験の特徴

  • 従来では難しかった通年試験の実施が可能

    水生動植物の生産ノウハウおよび入手ネットワークを有しているため、
    被験生物が入手できず試験が開始できない、といった問題は生じません。 

 

  • 多様な生物を対象とした薬理薬効試験の実施が可能

   弊社にて水生生物の生産を行っているため、

   ・卵~成体まで

   ・低次生物(餌)から高次動物(捕食者)まで

   多様な取扱いがございます。

 

   たとえば、飼育水または飼料として各種生物に直接曝露する試験だけでなく、

   以下のような試験にも対応可能です。

   ・被験物質に曝露された低次生物を餌として使用し、捕食者への影響を確認

   ・世代を追ったライフサイクル試験

 

  • ご依頼内容に応じたトータルサービスを提供

    被験生物種の選択、試験法の立案~結果の考察まで、トータルにご提案します。

 

海洋生物を利用した各種薬理薬効試験のお問い合わせ

既定の薬理薬効評価・試験内容以外に、ご要望に応じて対象種、計測項目の設定など、ご相談しながら試験内容をカスタマイズさせていただきます。
各種薬理薬効試験・評価の詳細、ご依頼方法・価格・納期など、お気軽にご相談ください。

参加ポータル
試験・分析.com
エコ&エネルギーポータル