製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

ステンレスに直接金めっき。ニッケル不要で金属アレルギーの心配なし。[メテック]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン メッキ加工/表面処理  / 2018年04月20日 /  産業機械機器 鉄/非鉄金属 先端技術

No.2392 2018年4月20日

● ニッケルめっき不要、ステンレスに直接金めっき

強固な酸化皮膜で覆われているステンレス。直接めっきをつけるのは難しく、
特殊な前処理と下地ニッケルめっきが必要でした。
そんなステンレスに、直接金めっきを行う「ダイレクト金めっき」を行って
いるのがメテック株式会社です。

「ダイレクト金めっき」だとステンレスに直接金めっきができ、その上に他
の金属をめっきすることも可能です。

ニッケルを使用しなくて済むのでニッケルアレルギーの心配がなく、医療用
の製品など、人体に触れる製品に最適です。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

人体に触れるステンレス製品のめっきに最適
ニッケルを使用しない「ダイレクト金めっき」


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 磁性を帯びたくない製品や、金属アレルギーを避けたい製品に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ステンレス材にも当然ニッケルが含まれています。
ダイレクト金めっきを薄くつけただけでは、ピンホールからニッケル成分が
溶け出してしまう可能性があります。

同社では、ダイレクト金めっきの上に厚付け金めっきを5μm以上つけると、
ピンホールがほぼなくなることを確認しています。

海外、とくに欧州ではニッケルフリー化が進んでいます。
ニッケルめっきの代替として「ダイレクト金めっき」は非常に有用な技術です。

>> 「ダイレクト金めっき」の詳しい資料ダウンロードはこちらから


■ 国内外7ヶ所の工場で、試作、少量生産から量産にも対応
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同社では「ダイレクト金めっき」だけではなく、
・ニッケルめっきの代替に、錫と銅の合金「スペキュラムめっき」
・エッチング不要で樹脂との密着性を向上させる「粗化ニッケルめっき」
・ウィスカー防止の熱処理をしても「変色しない錫めっき」
など、多彩な表面処理技術を開発し、特殊なめっきにも対応しています。

>> めっき加工例や対応可能な素材についてはこちら

>> 同社の幅広いめっき技術の資料はこちら


少量試作であれば無料で対応しています。表面処理のことならお気軽にお問
い合わせください。

>> 各種めっき加工のお問い合わせはこちらから


--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら