製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ニュース

『電線の基礎知識・規格』 と 『欧州の制御盤製造動向』資料のご紹介[リタール]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
メールマガジン 産業機械/装置  / 2021年02月15日 /  自動車 産業機械機器 電子・半導体

No.2639 2021年2月15日

● どう対応しますか? 規格要求が厳しい欧州の制御盤製造

電線について日本国内と国外で異なる規格があることをご存じでしょうか?
電線に関する規格は国や地域によって異なり、日本はIECに加盟しているもの
の、JISとIECの間には違う点もあります。そのため、「規格や表記方法の違
いがある」ということを理解しておくことが大切です。

リタール株式会社は、ドイツに本社を置く制御盤用キャビネット、盤クーラ
ーのメーカーです。
そのため、ヨーロッパ現地からの国際規格情報、欧州の盤製造の動向や事例、
また海外向け制御盤製造に最適な製品などの知識が豊富なことから、今回は
“『電線の基礎知識・規格』 と 『欧州の制御盤製造動向』”と題して、
電線の基礎情報やJISとIECの整合性、ヨーロッパの制御盤製造などについて
まとめた資料をご提供いただける事になりました。
少しでもみなさまの制御盤製造のご参考になれば幸いです。


■□――――――――― 【 ここにフォーカス 】 ―――――――――□■

お役立ち情報資料ダウンロード
『電線の基礎知識・規格』と『欧州の制御盤製造動向』


■□――――――――――――――――――――――――――――――□■


■ 『電線の基礎知識・規格』と『欧州の制御盤製造動向』資料の概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
電気機器や自動車のように、グローバルで生産される製品には部品の標準化
や、JISやIEC等の市場に応じた規格準拠が重要です。これらについて下記の
内容で解説しています。

◎電線の種類と関連規格
・国際規格
・電線の種類
・電線のサイズ
・電線の色
・制御盤でよく使われる電線の種類 -国際規格:IEC-JIS
・制御盤でよく使われる電線の種類-EMケーブル
・JIS と IEC の対比と確認方法

◎制御盤内の配線に関連する規格
・日本の規格 JIS B 9960-1 と 欧州の規格 IEC60204-1
・米国の規格 NFPA70 NFPA79 UL508A

◎圧着端子と端子台
・圧着端子の種類
・端子台の種類

◎欧州のトレンド
・近年増加傾向にある「欧州式」
・欧州を中心に海外でよく使われているフェルール端子
・フェルール端子の活用現状
・(豆知識)マークチューブ
・(豆知識)漏電の日本と海外における考え方の違い
・欧州式の制御盤製造
・電線加工の自動化
・ドイツの制御盤製造メーカーの事例

>> 『電線の基礎知識・規格』と『欧州の制御盤製造動向』資料はこちら


■ バーチャル展示会出展(EPLAN共同出展)のご案内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2月16日(火)から開催の『ITmedia Virtual EXPO 2021 春』では、電気設計
者、制御盤製造者のみなさま必見の次のテーマでバーチャル展示会に出展を
します。参加費用は無料なので、この機会にぜひご参加ください。

◎IEC新JISの電気設計の標準化をする為に知っておくべき概念
IEC・新JISの規格に沿った電気設計の標準化をするために必要なIECと新JIS
の企画について、どういうことか簡単にまとめました。

◎新!制御盤製造革命4.0 制御盤製造を自動化すべき15の理由
EPLANとリタールは制御盤製造を自動化すべき15の理由を挙げました。制御盤
製造プロセスを自動化することで実際の設計・製造現場ではどういったメリ
ットがあるのか解説します。

>> 『ITmedia Virtual EXPO 2021 春』に、ぜひご訪問ください

--- PR -------------------------------------------------------------
効率的なWEB営業をはじめませんか?
中小企業の製造業に特化したWEBプロモーションをサポートします。

--------------------------------------------------------------------
 

メールマガジン購読

メールマガジンを購読してみませんか?

@engineerのメールマガジンは、テレビやWEBメディアよりいち早く、製造業に関する新鮮な情報を得ることができます。

製造業のエンジニアへ直接PR
サイト内検索
新着ページ
月別ページ
2010/2以前のバックナンバー

2010年2月以前のメールマガジンバックナンバーはこちら