製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
ファロージャパン株式会社
貴社でのオンサイト、またはオンラインでの無償デモンストレーションも随時受付中です。
用途別

【ガイドブック】3次元測定技術が組立工程を改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録
ポータブル3次元測定器 アーム型3次元測定器 レーザートラッカー  / 2024年05月27日 /  産業機械機器 試験・分析・測定 先端技術

部品の精度だけでなく、その部品を組み立てたときの精度も完成品にとっては非常に重要です。では、組み立て部品の精度はどのように検証するのでしょうか?

 

たとえば据置型の三次元測定機では、直線寸法、穴パターン、テーパー、円などの測定には適していますが、複雑な形状や複合曲線、さまざまな半径を持つ曲線の測定にはあまり適していません。組立品は、多くの場合複雑な形状のものとなり、さまざまな箇所を測定する必要があります。

また、大型になる場合も多く、検査室への移動が難しいこともあります。

 

もし、組立現場に測定器を持ち込んで、その場で検証ができたらどうでしょうか?

もし、複雑な形状も簡単に測定できる機器があり、組立精度がすぐに検証できたらどうでしょうか?

 

FAROの3次元測定器なら、それが可能です。

詳しくは、下記のリンク、もしくはボタンからガイドをダウンロードしてください。

 

 

参加ポータル
試験・分析.com
産業機械.com
現場での3次元測定
サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ