製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
製造業のための技術系セミナー/書籍/通信教育/雑誌
技術情報協会はセミナー・出版・通信教育を通じて企業の最前線に立つ研究者、技術者をサポートします!
製品・技術

【書籍】車載HMIの開発動向と自動運転、ADASへの応用(No.2002)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

 

 

車載HMIの開発動向と
自動運転、ADASへの応用

------------------------------------------------------------------------------  

 

 

-ドライバ状態検出、覚醒維持、権限移譲、セキュリティ対策-


◎「自動運転に求められるHMI」 その実現へ向けた要素技術開発の実状と課題を掲載


◎人とクルマの意思疎通、情報伝達をスムーズにする「人間中心のHMI設計」の最新動向!

 

 

    

 ■ 目  次                                                                                                    

第1章 自動運転のヒューマンファクタとその課題
第2章 車載HMIの設計とその評価
第3章 ドライバ状態の検出、推定方法とモニタリング技術
第4章 ドライバの覚醒維持手法と覚醒度の推定、評価
第5章 自動運転レベル3以降へ向けた運転権限移譲とその課題
第6章 ドライバの特性、意図を考えた運転支援システムの開発
第7章 ドライバ特性の評価とHMIへの応用
第8章 ドライバの運転行動、運転意図の評価とモデル構築
第9章 自動運転車の快適性向上へ向けた研究開発動向
第10章 ヘッドアップディスプレイの表示技術と視認性向上、安全性評価
第11章 自動運転、コネクテッドカーへ向けたサイバーセキュリティと対策

 

■本書のポイント                                                                                                 

1.自動運転のヒューマンファクターとレベル3以降で考えられる問題点を考察
2.心拍、顔画像、視線、眼球運動など、低負担で高精度な生体計測とドライバーの状態検出
3.生体情報を用いたドライバーの感情推定手法の検討と車載への適用可能性
4.自動運転と手動運転のシームレスな切り替えを目指した権限移譲とその問題点
5.ヘッドアップディスプレイにおける最適な情報表示のあり方と“表示ずれ”への対応策
6.ADAS、自動運転へ向けた統合コックピットのセキュリティ技術

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

詳細目次、執筆者は、「資料ダウンロードページへ」からパンフレットをご覧ください。
ご購入、試読のお申込みは、「このページに関するお問い合わせ」よりご依頼ください。

 

 

製品概要 ●発刊:2019年7月31日 ●執筆者:52名 ●体裁:A4判 512頁

上製本版 : 定価 : 88,000円(税込) ISBN:978-4-86104-757-2

  ↓↓ 上製本版は絶版です ↓↓

オンデマンド版 販売中
      定価 : 33,000円(税込) ISBN:978-4-86104-933-0
      ご注文を頂いた後、簡易印刷・簡易製本いたします
特徴 ※無料試読できます。お問い合わせください。
製品名・型番等
シリーズ名
車載HMIの開発動向と自動運転、ADASへの応用(No.2002)
価格 33,000円(税込)【送料込】
納期 お申込みが確認され次第、商品と請求書をお送りいたします。
  • HOME
  • 製品・技術 書籍・通信講座情報
  • イベント セミナー情報
  • ご意見箱
  • 会社概要
  • お問い合わせ