2024年3月以降のイベント情報

2/20 ―GVP情報の収集・自己点検・教育訓練― 事例解説から学ぶ日常業務の効率化と その実施の信頼性確保
開催日 2024/2/20~2024/3/1
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ―GVP情報の収集・自己点検・教育訓練―事例解説から学ぶ日常業務の効率化とその実施の信頼性確保 指摘が多く、煩雑になりやすい情報の収集(収集範囲)、自己点検(結果報告)、そして教育訓練(対象範囲)を中心に対応方法を含め実務手順を解説 受講可能な形式:【会場受講】or【Live配信】or【アーカイブ配信】  製造販売後安全管理業務の基礎を、GVP省令の条文で要求する実務事例...
2/20 <コストをかけずに質の高い臨床研究をするための> 臨床研究における監査実施とその方法
開催日 2024/2/20~2024/3/4
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 <コストをかけずに質の高い臨床研究をするための> 臨床研究における監査実施とその方法 ~医薬品・医療機器・SaMD:承認申請に利活用するために~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】 <<いかにコストをかけず質の高い臨床研究が必要か>> 「特定臨床研究で得られた試験成績を医薬品の承認申請に利用する場合の 留意点・考え方の例示について」(事務連絡...
2/21 ICH Q2(R2)、Q14をふまえた 承認申請時の分析法バリデーションの留意点
開催日 2024/2/21~2024/3/4
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ICH Q2(R2)、Q14をふまえた承認申請時の分析法バリデーションの留意点 ~申請書とCTDはどうなるのか~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 〔Q2改訂、Q14新設による分析法バリデーションの今後の薬事的な動向について解説〕  本コースを受講することにより、改訂されたICH Q2分析法バリデーションガイドラインの内容を把握するとともに、ICH...
2/21 GMP対応工場(増築・新規構築)における 設計/施工時の注意点とUSRの具体的記載例
開催日 2024/2/21~2024/3/4
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 GMP対応工場(増築・新規構築)における設計/施工時の注意点とUSRの具体的記載例 ━━━ GMP対応工場「設計/施工」「維持管理/保守点検」【Aコース】 ━━━ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 医薬品製造工場で発生するトラブルの中には、 URSの不備、DQの不備に起因する事例が結構ある、、、 使い勝手の悪い、トラブルが頻発する生産性の悪い施設を...
2/21 医療機器の EOG滅菌バリデーション(ISO 11135)と パラメトリックリリース
開催日 2024/2/21~2024/3/4
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 医療機器の EOG滅菌バリデーション(ISO 11135)とパラメトリックリリース ~ガス滅菌を念頭においた製品設計~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 本セミナーでは、ISO11135:2014における規格要求の説明をガス滅菌の基礎を含めて滅菌バリデーションの概要と、製品仕様事例を参考として紹介します。昨今BIを用いない工程管理手法であるパラメトリ...
2/21 医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた事業性評価の実践
開催日 2024/2/21~2024/3/4
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 医薬品開発プロジェクトの不確実性を含めた事業性評価の実践 ~評価実例を含めた開発後期/早期段階の事業性評価と位置づけの違い~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ  新薬開発型医薬品ビジネスにおいては、近年、開発費用の高騰・候補化合物の減少とモダリティの増加・薬価制度の変化などにより、より早く未来を見通してより早い打ち手の検討を行うためのツールである事業性...
【Live配信セミナー 3/4】車載コンデンサの設計と小型・大容量化に向けた技術動向
開催日 2024/3/4
企業名 株式会社技術情報協会
内容 <セミナー No.403421> 【Live配信セミナー】 車載コンデンサの設計と小型・大容量化に向けた技術動向 ★ 研磨プロセスを最適化するには? 研磨メカニズム、副資材の利用技術を詳解! ---------------------------------------------------------------------------------- ■ 講師1. ルビコン...
【Live配信セミナー 3/4】研究開発テーマ、プロジェクトにおける費用対効果の数値化と算定方法
開催日 2024/3/4
企業名 株式会社技術情報協会
内容 セミナー№403511 【Live配信セミナー】研究開発テーマ、プロジェクトにおける 費用対効果の数値化と算定方法 ★どのように顧客価値を起点とし自社保有技術を棚卸しするか!★予算確保、費用対効果の可視化、経営層に響く説明・説得のスキル教えます!! ---------------------------------------------------------------------...
2/20 <脱炭素社会実現に向け習得すべき> 省エネ技術の開発動向と 導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算出方法
開催日 2024/2/20~2024/3/5
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 <脱炭素社会実現に向け習得すべき>省エネ技術の開発動向と導入事例、省エネ効果・CO2削減量の算出方法 ―演習を通して学ぶ、省エネ効果とCO2排出削減の見える化ノウハウ― 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 【得られる知識】 ・新規研究テーマ選定、生産設備の管理/保守や更新を担当している方・省エネを進めたいが、その取り組み方について要領...
2/20 燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの最新動向と 今後日本企業がとるべき事業戦略
開催日 2024/2/20~2024/3/5
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 燃料電池、水素・アンモニアエネルギーの最新動向と今後日本企業がとるべき事業戦略 国内外における燃料電池車の市場・政策動向水素・アンモニアエネルギー開発の現状と今後の展望 受講可能な形式:【会場受講】or【アーカイブ配信】のみ このセミナーは【会場での受講】と【WEBセミナー(アーカイブ:撮影した動画)受講】を選択してご受講頂けます。 ※WEBセミナー(アーカイブ配信)は、セ...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

イベントメニュー

2024年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別イベント情報

サポーターについて

サポーターに登録するとさまざまなプログラムをご利用いただけます