製造業関連情報総合ポータルサイト@engineer
WEB営業力強化支援サービスのご案内
研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍 サイエンス&テクノロジー
製品・技術

【技術書籍】環境発電・エネルギーハーベスティング技術 ―デバイス開発と応用展開―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • @engineer記事クリップに登録

環境発電・エネルギーハーベスティング技術
―デバイス開発と応用展開―

~各種発電技術の仕組み・特徴、市場動向、先進的なデバイス・応用開発事例まで~

 

発刊日

2020年8月27日

体裁 B5判並製本  223頁
価格(税込)
55,000円 ( S&T会員価格 52,250 )
 定価:本体50,000円+税5,000円
 会員:本体47,500円+税4,750円

アカデミー価格 38,500円(本体35,000円+税3,500円)

   ※アカデミー対象者:学生と教員、学校図書館および医療従事者
  (企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です)

備考  送料は当社負担

 

市場拡大が期待されるIoT/トリリオンセンサの自立電源として必須の環境発電
~各発電・デバイス技術、市場動向、国内各社の先進的な取り組み事例まで解説~

 

   ◎2010年代中頃までのブームとその鎮静化を経て、
    見えてきた環境発電ビジネスの方向性とは
   ◎各種発電技術の仕組みと応用面から見た長短所
   ◎太陽電池,熱電変換,振動発電デバイスの開発動向
   ◎発電デバイス・センサ・周辺機器・応用システム開発の国内13社の
    最新取り組み事例
   ◎海外企業の栄古斉衰、近年の動向、失敗・成功例から見る事業拡大への道...etc
 
などなど、技術・応用開発の両面から環境発電の今を解説

 

著者

 

竹内 敬治氏   (株)NTTデータ経営研究所    渦巻 拓也氏    (株)富士通研究所

木藤 浩之氏   (株)フジクラ          村瀬 隆浩氏    (株)KELK
山本 和寛氏   (株)フジクラ          南部 修太郎氏   (株)Eサーモジェンテック
新井 隼人氏   (株)フジクラ          内田 秀樹氏    日本ゼオン(株)
清水 智之氏   シャープ(株)          青柳 智英氏    アダマンド並木精密宝石(株)
福井 篤氏      シャープ(株)          刀禰 直生氏    双葉電子工業(株)
笠原 恵氏      シャープ(株)          伊藤 雅彦氏    (一財)電力中央研究所
中野 雅行氏   シャープ(株)          大西 敦郎氏    (株)東芝
吉江 智寿氏   シャープ(株)            石野 勝也氏    東洋エレクトロニクス(株)
柴田 諭氏      シャープ福山セミコンダクター(株) 

速水 浩平氏 (株)音力発電
田中 裕二氏   (株)リコー

 

目次

 

第1章 環境発電/エネルギーハーベスティング技術と市場の変遷
 1. 環境発電の概要
 2. 環境発電のニーズ・位置づけ
 3. 環境発電市場の変遷

 

第2章 各種環境発電技術の仕組みと特徴
 1. 環境発電技術の利用が難しい本質的理由
 2. 環境発電を実用化するために重要なポイント
 3. 様々な環境発電技術
 4. 光エネルギー利用技術
 5. 熱エネルギー利用技術
 6. 力学的エネルギー利用技術
 7. 電波エネルギー利用技術

 

第3章 国内の発電デバイスおよび応用研究・開発の動向

 第1節 太陽電池・光電発電デバイス開発とその応用

  [1] フジクラ社の取り組み ―ワイヤレスセンサシステムへの展開―
  [2] シャープ社の取り組み ―色素増感太陽電池の開発とBluetooth®ビーコンへの応用―
  [3] リコー社の取り組み ―室内光環境発電素子の実用化に向けて―

 第2節 熱電発電/温度差発電デバイス開発とその応用
  [1] 富士通研究所社の取り組み ―水インフラ・防災への展開―
  [2] KELK社の取り組み ―設備機器の予知保全への熱電EHセンサデバイス製品の展開―
  [3] Eサーモジェンテック社の取り組み ―莫大な廃熱を電気エネルギーに変換―
  [4] 日本ゼオン社の取り組み―CNT(Carbon NanoTube)を使った熱電変換素子による

    無線センシングシステムの開発―

 第3節 振動発電デバイス開発とその応用
  [1] アダマンド並木精密宝石社の取り組み

    ―エネルギーハーベスティングの可能性 無電源車両検知システムへの展開―
  [2] 双葉電子工業社の取り組み ―IoT機器の電池レス化への展開―
  [3] 電力中央研究所の取り組み

    ―電力インフラのモニタリングに向けた磁歪式振動発電モジュールの試作―
  [4] 東芝社の取り組み ―鉄道車両台車監視システムへの展開―
  [5] 東洋エレクトロニクス社の取り組み ―畜産分野への展開―
  [6] 音力発電社の取り組み -発電床®・発電スイッチ・振力電池®等への展開-

 

第4章 海外の発電デバイスおよび応用研究・開発の動向
 1. 光発電
 2. 熱電発電
 3. 振動発電
 4. 電波発電

 

※掲載しております目次は一部抜粋となります。

 より詳細な目次につきましてはパンフレットをダウンロードの上、ご確認ください。

  

 

■本書のパンフレット・申込書をご希望の方

 下部の【資料ダウンロードページへ】からダウンロードください。

 

 

■ご購入をご希望の方

 

①FAX申込
 上記にてダウンロード頂いた申込書に必要事項をご記入の上、申込書に記載のFAX番号あ

 てに送信ください。出展社サイエンス&テクノロジー(株)事務局よりお申込み内容詳細確

 認のEメールをお送り致します。その後、商品を発送致します。

 

②WEB申込
 下部の【このページに関するお問い合わせ】から、必要事項(ご連絡先)をご記入の上、
 <書籍購入のお申込み>を選択の上、お申込みください。
 ※お申込みの際は、@engineerからの自動返信メールとは別に、出展社サイエンス&テク

 ノロジー(株)事務局より、お申込み内容詳細確認のEメールをお送り致します。そのEメー

 ルのご確認・ご返信の後、商品を発送致します。

サイト内検索
ページカテゴリ一覧
新着ページ
月別ページ