2024年4月29日に開催中のイベント一覧

4/19 <ICH Q1E準拠> 安定性試験実施の留意事項と 安定性試験結果の統計解析/安定性予測・評価方法 および有効期間の設定
開催日 2024/4/19~2024/5/1
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 <ICH Q1E準拠>安定性試験実施の留意事項と安定性試験結果の統計解析/安定性予測・評価方法および有効期間の設定 事前配布のExcelデータで演習実施 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 各期の安定性試験について、ロット数・サイズ・スケール、実施にあたっての着目事項、試験目的、試験項目事例、保存条件を解説します。 安定性試験で取得するデータについて...
4/19 ラボでの電子実験ノート管理・運用における 経験からわかった電子情報管理の問題点・解決と DXの進め方
開催日 2024/4/19~2024/5/1
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 電子情報管理のメリット | 業務分野別の実験データの移し方残し方 | CSV |  クラウド化ELNやSDMSでの情報管理 | AI活用を見据えたデータ蓄積、具体的運用 …など 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ  製薬企業研究所における電子...
4/22 〔これからGMPに携わる初任者のための〕 基礎から学ぶやさしいGMP超入門講座
開催日 2024/4/22~2024/5/2
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 〔これからGMPに携わる初任者のための〕基礎から学ぶやさしいGMP超入門講座 改正GMP省令を踏まえて 受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】  【ここがポイント】~GMP省令改正もふまえて~ 薬機法及びGMPの“イロハ”を学ぶなぜ、GMPなのか? 最近、不祥事とどのようなことが生じているか、またコンプライアンスとは? 海外のGMP(I...
4/18 ペロブスカイト太陽電池における 塗工・乾燥のスケールアップ
開催日 2024/4/18~2024/5/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ペロブスカイト太陽電池における塗工・乾燥のスケールアップ ~Roll To Rollへのスケールアップ、乾燥方法と方式の決め方、バー塗工、スロット塗工、グラビア塗工~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 素材開発・量産技術開発に携わる方々に向けて スケールアップに必要な塗工・乾燥の知識を数式を排して解説 ペロブスカイト太陽電池の量産化はもちろん、 エ...
4/19 異種材料接着に向けた金属の表面処理技術と接着性の改善
開催日 2024/4/19~2024/5/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 異種材料接着に向けた金属の表面処理技術と接着性の改善 ■金属材料を主体にプラスチックも含めた接着用表面処理技術の基礎を学ぶ■■接着用表面処理の実例と評価技術■ ■最適な表面処理技術のあり方■■実際の接着用表面処理技術の設計能力を養う■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ ★ 第1部では金属材料の接着用表面処理を、第2部ではプラスチック材料の接着用表面処...
4/19 <ICH Q9(R1)要求への取り組み> GMP査察の指摘事項をふまえた QA・バリデーションの考え方と対応/回答時の留意点
開催日 2024/4/19~2024/5/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 <ICH Q9(R1)要求への取り組み>GMP査察の指摘事項をふまえたQA・バリデーションの考え方と対応/回答時の留意点 ~今後の査察に求められるリスクマネジメントの取組みと主観性の最小化とは~ 受講可能な形式:【Live配信】 or 【アーカイブ配信】 ■今後の査察においては、リスクマネジメントの下でGMPやバリデーションに対する取り組み、そして知識管理の取り組みの中で主観...
4/22 安全性定期報告書等の作成にむけた 安全性集積データの見方・評価と文章作成のコツ
開催日 2024/4/22~2024/5/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 安全性定期報告書等の作成にむけた安全性集積データの見方・評価と文章作成のコツ ~データの評価や解析、文章作成の際のロジック構築能力の向上、効果的な考察の方法~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ  この講座では、安全性集積データの見方と評価方法について詳しく説明します。安全性部門での文章作成におけるポイントや、ロジカルな文章の特徴や重要性について触れます...
4/22 非統計家でもわかるベイズ統計の理論と方法 入門編
開催日 2024/4/22~2024/5/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 非統計家でもわかるベイズ統計の理論と方法 入門編 ~つまずきやすい点や頻度論との考え方の違いから、 パラメータの事後分布の導出やモデル比較~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ  このセミナーは、ベイズ統計について事前の知識を持たない初学者向けの講座です。初学者がつまずきやすい点や頻度論との考え方の違いについて議論し、線形回帰モデルを例に、パラメータの事...
4/23 医薬品開発における 事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法 ~説得力のある提案を行うために、 どのような評価・分析を行えば良いか~
開催日 2024/4/23~2024/5/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 医薬品開発における事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法~説得力のある提案を行うために、どのような評価・分析を行えば良いか~ 「不確実性の高い開発早期段階での事業性評価ポイント」「高い精度が求められる開発後期段階の事業性評価とポートフォリオ分析」 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 製品チームや経営から信頼の得られる事業性評価を目指して!...
4/23 非GLP試験の書面調査と 過剰に陥らない効率的な信頼性確保の基準
開催日 2024/4/23~2024/5/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 非GLP試験の書面調査と過剰に陥らない効率的な信頼性確保の基準 ~生データ・実験ノートの取扱いと記録/Data Integrity /デジタル媒体の信頼性の確保の効率性~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】 ※会場受講は締め切りました(2024年4月17日 更新)  新医薬品承認申請書では、ヒトの有効性と安全性に係わる試験成績におけるデータの完全性(Dat...
4/19 実験計画法・ベイズ最適化を用いた 効率的な実験デザイン
開催日 2024/4/19~2024/5/8
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 実験計画法・ベイズ最適化を用いた効率的な実験デザイン ~実験による効率的なデータ取得と解析方法~■統計学と統計的検定の復習■■実験計画法と分散分析■■ガウス過程回帰とベイス最適化■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ オリジナルかつ高いクオリティのデータをいかに効率的に取得するか実験計画法・ベイズ最適化を活用して効率的な実験・データ解析を実施するため...
4/22 リアルワールドデータ(RWD)を活用するための 薬剤疫学基礎セミナー <RWD分析のための必須スキル>
開催日 2024/4/22~2024/5/8
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 リアルワールドデータ(RWD)を活用するための薬剤疫学基礎セミナー<RWD分析のための必須スキル> ~選択バイアスや情報バイアス、交絡等を的確にとらえて適切な対処をする~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ RWDを分析するうえでは、難解な数式を理解する『統計学スキル』の習得よりも、研究デザインを策定するスキルとなる『疫学スキル』がコスパ...
4/22 核酸医薬品の特許戦略 -拒絶対応と審査経緯の徹底分析-
開催日 2024/4/22~2024/5/8
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 核酸医薬品の特許戦略-拒絶対応と審査経緯の徹底分析- <どのような拒絶理由通知を受け、どのように対応する必要があったか> 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ~核酸医薬品の先行技術調査と特許性判断の手法を習得~ >> 研究開発の初期の段階から特許化について検討し、広くて強い特許を取得するには>> 核酸医薬品の特許動向を解説し、先行...
4/24 事例で学ぶマイクロリアクターの 設備選定方法/スケールアップ(ラボからパイロット・製造)・パラメータ検討方法 ≪よく起こるトラブルとその解消方法や対策≫
開催日 2024/4/24~2024/5/8
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 事例で学ぶマイクロリアクターの設備選定方法/スケールアップ(ラボからパイロット・製造)・パラメータ検討方法≪よく起こるトラブルとその解消方法や対策≫ フロー合成・連続生産・マイクロリアクター/スケールアップ コース【Bコース】 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】【実用化へ向けたスケールアップへ】 合成反応や抽出の連続化やスケールアップ実例を交え、 装置の選...
4/22 溶融製膜/溶液製膜による フィルム成形技術の基礎と実際
開催日 2024/4/22~2024/5/9
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 溶融製膜/溶液製膜によるフィルム成形技術の基礎と実際 ~様々な樹脂・ポリマーのフィルム成形を可能にする製膜技術の基礎と処方・加工プロセス、設備・トラブル対策~■フィルム成形に関する全般知識■■溶融製膜と溶液製膜の違いと設備内容■■PET・TACに代表されるフィルム製膜・延伸工程の技術■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ PETおよびTACを中心とし...
4/22 高分子材料(樹脂・ゴム材料)における 変色劣化の機構とその防止技術
開催日 2024/4/22~2024/5/9
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 高分子材料(樹脂・ゴム材料)における変色劣化の機構とその防止技術 ~変色劣化の基礎知識と防止・対策の処方設計とノウハウ~■樹脂材料の劣化・変色・褪色機構と高分子種による傾向の違い■■劣化防止添加剤、着色防止処方技術■■高分子材料の外観特性変化の防止策■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ ポリオレフィン、スチレン系樹脂、アクリル樹脂、ポリエステル、 ...
4/24 熱分析による高分子材料 (プラスチック・ゴム・複合材料)の 測定・解析の基礎とノウハウ
開催日 2024/4/24~2024/5/10
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 熱分析による高分子材料(プラスチック・ゴム・複合材料)の測定・解析の基礎とノウハウ ~熱分析で高分子材料の多くの有用な情報を引き出すために~■DSC、TG、TMAの原理■■測定条件の考え方・決め方■■データ解析の基本,チャートの見方■■熱分析装置の保守管理とトラブルシューティング■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 熱履歴、硬化度・硬化反応、熱酸化...
4/24 高分子材料の粘弾性の基礎と 応力/ひずみの発生メカニズムと その制御・評価技術
開催日 2024/4/24~2024/5/10
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 高分子材料の粘弾性の基礎と応力/ひずみの発生メカニズムとその制御・評価技術 ~プラスチック・フィルムで発生する応力、ひずみの測定・評価~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 何が原因で応力とひずみは発生するのか発生メカニズムから、測定・制御する方法を解説プラスチック、フィルムの力学物性(粘弾性)、応力―ひずみ曲線と材料の特徴、残留応力、残留ひずみ、応...
4/24 一から学ぶ 流体力学
開催日 2024/4/24~2024/5/10
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 一から学ぶ 流体力学 ~流れのイメージを掴んで実務に活かす流体力学の入門講座~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 数式がたくさん出てくる、聞きなれない用語が多い、液体・気体の流れは 目に見えずイメージしづらい、、、、 難解なイメージの流体力学を「重要な数式の容易な認識」「直感的な理解」 「数式のビジュアル化」でをやさしく解説 流体力学を学びたい...
4/25 《初心者でもわかる》 具体的データ事例を用いた 安定性試験の統計解析と規格設定
開催日 2024/4/25~2024/5/10
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 《初心者でもわかる》具体的データ事例を用いた安定性試験の統計解析と規格設定 ~開発段階に応じた規格設定/規格外のリスク見積~~経時変化のばらつき/OOTのイレギュラー対応事例~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ  今、多くの会社が安定性モニタリングで規格不適合により製品回収が増えています。原因の一つとして、申請段階の規格幅設定に問題がある場合がありま...

イベントメニュー

2024年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別イベント情報

サポーターについて

サポーターに登録するとさまざまなプログラムをご利用いただけます