2023年12月21日に開催中のイベント一覧

12/12 バイオ医薬品における 国内外のCTD-Q承認申請資料作成方法
開催日 2023/12/12~2023/12/21
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 バイオ医薬品における国内外のCTD-Q承認申請資料作成方法 ~海外導入品のCMC申請時の留意点・CTD-Q照会事例~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 本セミナーでは、開発段階別の申請戦略、また、承認申請資料作成時の注意点さらに照会事項の回答案作成時の注意点などを解説する。 【ここがポイント】海外から導入品の治験薬申請及び承認申請のCTD申請資...
12/12 臨床研究に求められる信頼性レベルと 医療情報データベースの利活用 <ICH E6(R3),E8(R1)や改正次世代医療基盤法をふまえて>
開催日 2023/12/12~2023/12/21
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 臨床研究に求められる信頼性レベルと医療情報データベースの利活用<ICH E6(R3),E8(R1)や 改正次世代医療基盤法をふまえて> ~現実にはGCPで実施していない研究はレベルが極めて低く重大な不適合も起こっている~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】 ■特定臨床研究が薬事利用に使われたり、SAMDの申請のためのPoCをとる研究として多く実施されてい...
12/13 高分子・ポリマー材料の合成、重合反応の基礎と そのプロセス及び工業化・実用化の総合知識
開催日 2023/12/13~2023/12/21
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 高分子・ポリマー材料の合成、重合反応の基礎とそのプロセス及び工業化・実用化の総合知識 ~メカニズム、反応条件、モノマー、重合開始剤の選択、添加剤処方、スケールアップ~■重合反応の化学、モノマー種と重合機構、重合体の粘弾性、重合体の力学物性■■重合体材料の実用的処方、重合体製造プロセス■■添加剤処方、スケールアップの考え方等の工業化・実用化のノウハウ■ 受講可能な形式:【Li...
12/14 チクソ性の基礎、制御、 測定・評価と実用系へ活用方法
開催日 2023/12/14~2023/12/21
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 チクソ性の基礎、制御、測定・評価と実用系へ活用方法 ~物性評価としての「チクソ性」測定のテクニックと制御~■「チクソ性」「チクソトロピー」「擬塑性流動」の違い■■「チクソ性」を的確に評価する測定方法■■微粒子分散系における「チクソ性」のメカニズムに基づいた制御■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 流動性を特徴づける「チクソ性」を技術的に理解して測定...
12/14 Roll To Rollウェット工程における フィルムの乾燥技術、条件・設備・プロセスの 最適化とトラブル対策
開催日 2023/12/14~2023/12/21
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 Roll To Rollウェット工程におけるフィルムの乾燥技術、条件・設備・プロセスの最適化とトラブル対策 ~機能性フィルム製造において最適な乾燥技術を実現するために~■ロールツーロール製造における乾燥現象の把握■乾燥の工程、プロセス、設備の違いと特徴■■実験室から量産にスケールアップの方法と留意点■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ フィルムの生...
12/21 <サイバーセキュリティの手順書配布> サイバーセキュリティ(IEC 81001-5-1:2021)対応セミナー
開催日 2023/12/21
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 <サイバーセキュリティの手順書配布>サイバーセキュリティ(IEC 81001-5-1:2021) 対応セミナー 受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ​ 【受講特典】サイバーセキュリティ手引書(第2版)対応手順書配布 医療機器企業は、サイバーセキュリティを確保した設計開発を確実に実施し、 医療現場に提供することが求められます。『一体どのよう...
12/21 自社技術をベースとした 研究開発テーマ・アイデアの創出活動
開催日 2023/12/21
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 自社技術をベースとした研究開発テーマ・アイデアの創出活動 ~技術機能展開法を利用したテーマ創出活動とその全体体系~■技術の棚卸とコア技術の設定法■■技術機能展開法を使ったテーマ創出活動の全体体系■■テーマ創出の実際の活動■ 受講可能な形式:【Live配信】のみ 自社の保有技術、コア技術を発展・機能させ、発想を広げ、 とことんしゃぶり尽くして、利益をもたらすテーマを創出する方法とそ...
12/21 金属有機構造体(MOF)の合成・設計と 分離技術への利用・応用展開
開催日 2023/12/21
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 金属有機構造体(MOF)の合成・設計と分離技術への利用・応用展開 <新しい多孔性素材として注目の金属有機構造体(Metal-Organic Framework:MOF>~MOFを使ったガス貯蔵・分離、高分子の認識と分離、機能開発の例~ 受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ ★ アーカイブ配信のみの受講もOKです。★ 今、注目の金属有機構造体 (Metal...
8/24、11/10、11/24、12/8、12/22 GMP事例集(2022年版)徹底解説シリーズコース
開催日 2023/8/24~2023/12/22
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 GMP事例集(2022年版)徹底解説シリーズコース セミナー後に理解度をチェックできる、効果判定つき! こちらは、全5コース受講の申込みとなります。 受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ 【Live配信受講者 特典のご案内】Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用く...
12/13 ペロブスカイト太陽電池の 高効率・高耐久化の最新技術と 屋外・屋内用素子の開発
開催日 2023/12/13~2023/12/22
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ペロブスカイト太陽電池の高効率・高耐久化の最新技術と屋外・屋内用素子の開発 結晶層の緻密化・平坦化と欠陥を減らす製膜法、軽量フレキシブル素子の開発、鉛フリーのペロブスカイト、太陽電池の電圧・高効率化、材料の耐久性の改善など。 受講可能な形式:【会場受講】or【Live配信】or【アーカイブ配信】 ペロブスカイト太陽電池の基礎、生産技術、高電圧・高効率化、材料の耐久性の改善、優...
12/13 海外製品・導入品の国内申請における CTD-Q(CMC申請資料)作成の留意点
開催日 2023/12/13~2023/12/22
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 海外製品・導入品の国内申請におけるCTD-Q(CMC申請資料)作成の留意点 ~国内GMP適合性調査申請の内容及び日米欧の変更管理の違いを含めて~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 海外製品の導入にあたり,国内承認申請を見据えた,特に品質分野(CMCセクション)におけるCTD-Qの作成と留意点を,CTD-Qの各セクション毎に求められる内容を事例に基づ...
12/15 泡・泡沫の特異的な性質の理解と 起泡・消泡技術
開催日 2023/12/15~2023/12/22
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 泡・泡沫の特異的な性質の理解と起泡・消泡技術 ~多様な性質を示す泡沫とは?崩壊メカニズムと安定性制御~■泡沫という状態の本質の理解■■泡の制御へのアプローチと泡の評価方法■■泡を作る/利用する/消す/無くす方法■ 受講可能な形式:【会場受講】または【アーカイブ配信】のみ 様々な産業に関わってくるが謎の多い「泡」の本質をとらえる泡・泡沫を上手に無くす、制御する、あるいは利用するた...
12/14 新添加剤の用途や機能を見据えた 開発戦略と剤形/投与経路による安全性データ事例
開催日 2023/12/14~2023/12/25
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 新添加剤の用途や機能を見据えた開発戦略と剤形/投与経路による安全性データ事例 ~承認審査資料や申請資料から読み解くデータの利活用~ 受講可能な形式:【会場受講】or【Live配信】or【アーカイブ配信】  医薬品の添加剤は有効成分の有用性を高めるために用途(溶解、安定化、pH調整等々)に応じた、無害で治療効果を妨げないものが選定される。多くの用途は有効成分の物性(物理化学的性状...
12/15 ≪査察・監査等での指摘、回収事例を考慮した≫ 滅菌バリデーションの規格要求事項とその深堀・対応 および最近のトピックス(FDAのEtO滅菌代替プログラム他)
開催日 2023/12/15~2023/12/26
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ≪査察・監査等での指摘、回収事例を考慮した≫滅菌バリデーションの規格要求事項とその深堀・対応および最近のトピックス(FDAのEtO滅菌代替プログラム他) ~滅菌バリデーションの見落としがちの留意点(深堀)~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 滅菌医療機器、無菌医薬品、無菌包装材等の関係者向け講座「PMDAの回収情報のうち、滅菌、無菌性保証関連の不...
12/15 ニューモダリティ医薬品の進歩性要件 <最近の実務傾向と新たな特許戦略>
開催日 2023/12/15~2023/12/26
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ニューモダリティ医薬品の進歩性要件<最近の実務傾向と新たな特許戦略> ~最近の特許審査、登録特許、裁判例の傾向に基づいて~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ << ニューモダリティ医薬品の進歩性要件に関する最近の実務の傾向と新たな特許戦略>>■ニューモダリティ医薬品の特許実務を適切に行うためには、 進歩性要件に関する知識・見識...
12/18 化学プロセスにおけるスケールアップ、 収支計算、プラント建設費、製造コスト計算、 事業採算性の検討 (具体的仮想プロセスを例にして)
開催日 2023/12/18~2023/12/27
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 化学プロセスにおけるスケールアップ、収支計算、プラント建設費、製造コスト計算、事業採算性の検討(具体的仮想プロセスを例にして) コストの考え方の基礎知識、収支計算方法、化学プラントコスト概算方法、 製造する製品のコスト計算方法 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 【具体的な仮想プロセス】を題材に、、、 物質収支・エネルギー収支を作成して、原料原単位やユ...
12/18 少数データ、データ不足における 機械学習適用の問題解決方法とその戦略
開催日 2023/12/18~2024/1/5
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 少数データ、データ不足における機械学習適用の問題解決方法とその戦略 ~機械学習のための効率的なデータ取得の工夫、少数データ解析のための戦略~■人間の知識やシミュレーションを機械学習と組み合わせる技術■■機械学習のための効率的なデータの採取法■■機械学習の結果の解釈や評価の仕方■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 現実的に少数のデータしか得られない、デ...
11/27,12/20 【全2コース】次世代抗体医薬/VHH抗体・低分子抗体コース
開催日 2023/11/27~2024/1/9
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 【全2コース】 次世代抗体医薬/VHH抗体・低分子抗体コース ※Aコース、Bコースそれぞれで「Live配信受講」or「アーカイブ配信受講」の選択が可能です。その場合「Live配信受講」にてお申込みいただき、申込みフォーム通信欄にて、 アーカイブ配信受講のコースをご連絡ください。 ▼単コースでの受講は、各A・Bコースのページよりお申込みください▼ 【Aコース:スクリーニング編...
12/18 開発段階における治験薬GMP-QA業務と 有効期間設定・変更管理
開催日 2023/12/18~2024/1/9
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 開発段階における治験薬GMP-QA業務と有効期間設定・変更管理 ~実例を交えて学ぶ品質管理と運用面でのポイント~【適用範囲/バリデーション・ベリフィケーション/変更・逸脱管理/品質不良処理/自己点検/文書管理など】 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 治験薬GMPの目的は、不良な治験薬から被験者を保護するとともに、治験の信頼性を確保すること、更には治験...
12/19 医薬品研究開発におけるポートフォリオマネジメント
開催日 2023/12/19~2024/1/9
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 医薬品研究開発におけるポートフォリオマネジメント ~事業価値評価に基づいた意志決定と優先順位付け~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ新しい治療薬の研究開発や事業化においてどの製薬企業も悩みが大きい研究開発プロジェクトの核となるTPP(ターゲット製品プロファイル)の策定や事業価値評価に関する「あるある問題」を踏まえ、開発のGo/No Go意志決定とポー...

イベントメニュー

2024年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別イベント情報

サポーターについて

サポーターに登録するとさまざまなプログラムをご利用いただけます