2024年6月24日に開催中のイベント一覧

6/12 GCTPに対応した再生医療等製品の 品質マネジメントシステム構築 ―リスクマネジメントからプロセスバリデーション―
開催日 2024/6/12~2024/6/24
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 GCTPに対応した再生医療等製品の品質マネジメントシステム構築―リスクマネジメントからプロセスバリデーション― ~開発から製造へのリスクの洗い出しとPV・技術移管の進め方~ 受講可能な形式:【会場受講】or【Live配信】or【アーカイブ配信】  再生医療等製品はその特色としてソースや培養方法、期待する効果にかなりの幅があり、結果として製造・品質管理が一律の基準でなくケース...
6/24 製造現場における ヒューマンエラーの発生メカニズムと実践的な対策 -4つの戦略と11の戦術-
開催日 2024/6/24
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 製造現場におけるヒューマンエラーの発生メカニズムと実践的な対策-4つの戦略と11の戦術- ~演習を交えて身につける、製造現場の品質と安全を守る術~ 受講可能な形式:【会場受講】のみ ヒューマンエラーを激減させる4つの戦略と11の戦術! ヒューマンエラーの基礎、発生メカニズム、防止対策の考え方と具体的な方法、 ポカヨケ対策の事例など、演習を交えて実践的なヒューマンエラー防止対策を...
6/24 アルカリ水電解の原理・特徴から 研究開発動向、今後の展望まで
開催日 2024/6/24
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 アルカリ水電解の原理・特徴から研究開発動向、今後の展望まで "古くて新しい"アルカリ水電解技術の現在と今後アノード触媒にフォーカスし複合酸化物触媒に関する最新の研究成果も紹介 受講可能な形式:【Live配信】のみ  本セミナーでは、水電解の原理を基礎的な熱力学、電気化学を交えて解説した後に、アルカリ水電解技術の特徴や課題、国内外の動向について紹介する。また講師のアルカリ水電解に...
6/24 外観検査の自動化の進め方と 画像データ取得およびAIによる検査のポイント
開催日 2024/6/24
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 外観検査の自動化の進め方と画像データ取得およびAIによる検査のポイント ■受付中■ 早めのお申込みがおトク! 早期割引価格対象セミナー※1名様で開催月の2ヵ月前の月末までにお申込みの場合、 33,000円(税込み)で受講できます。 受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ外観検査のデジタル化・自動化を応援する1講受講者が試してみることができるP...
6/24 <各種事例を交えて解説> 日米欧の規制対応を可能とするための グローバルPV体制構築とベンダーコントロール
開催日 2024/6/24
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 <各種事例を交えて解説>日米欧の規制対応を可能とするためのグローバルPV体制構築とベンダーコントロール グローバルPV体制:「求められるものは何か」、「どこの基準に適合させれば良いのか」 受講可能な形式:【Live配信】 <各種事例を交えて解説>『日米欧の規制で、どのような違いがあり、それにどのように対処することでグローバルPV体制が構築可能となるのか』 # 各国の安全性...
6/24 金属粉末射出成形(MIM)の基礎と 製品設計のポイント・最新技術動向 および金属3Dプリンタとの共進化
開催日 2024/6/24
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 金属粉末射出成形(MIM)の基礎と製品設計のポイント・最新技術動向および金属3Dプリンタとの共進化 各製造工程と留意点、最適な材料の選び方、設計事例、不良原因と対策、MIMと共存共栄が期待される最新金属3D積層装置など 受講可能な形式:【会場受講】のみ 金属粉末射出成形(MIM)の基礎から活用ノウハウ、 最新技術動向までを体系的に学べるセミナーです。 製造工程の詳細と各ポイント...
6/24 車載電子製品・部品における 熱設計・実装、放熱・耐熱技術と将来動向 ~小型軽量化に伴う熱への対策~
開催日 2024/6/24
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 車載電子製品・部品における熱設計・実装、放熱・耐熱技術と将来動向~小型軽量化に伴う熱への対策~ 車載信頼性×小型化×熱設計のバランスをとって設計するポイントとは!?■車載電子製品と実装技術への要求■ ■小型実装技術■■熱設計の基礎■ ■電子製品における放熱・耐熱技術■■インバータにおける実装・放熱技術、樹脂封止技術■ 受講可能な形式:【Live配信】のみ ★ ますます要求され...
6/246/25 <2日間(10時間集中)セミナー> 半導体産業入門と開発、製造の実務 ~半導体製造プロセス技術のすべて。~
開催日 2024/6/24~2024/6/25
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 <2日間(10時間集中)セミナー>半導体産業入門と開発、製造の実務~半導体製造プロセス技術のすべて。~ ■1日目は前工程、2日目は後工程■ ※各日のみの参加も可能です。 受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】のみ ※アーカイブ配信のみの受講もOK、申込みフォームの「通信欄」にご記載ください (後日の連絡でも可)。 ★ なかなか短時間では学べそうにない半導体製造...
6/12 フィルムの乾燥プロセス技術とトラブル対策
開催日 2024/6/12~2024/6/26
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 フィルムの乾燥プロセス技術とトラブル対策 ~機能性高分子フィルム製造において狙った乾燥を実現するために~■Roll To Roll製造における乾燥現象と膜質コントロール方法の把握■■乾燥工程設備の違いと特徴、対象素材に適した乾燥方法■■実験室から量産へのスケールアップの方法と留意点■■乾燥起因の面状トラブル(風ムラ、ベナールセル、発泡、白化、レベリング)と対策■ ■受付...
6/17 これからGMP監査及び自己点検など QA業務に携わる初級者のための入門講座
開催日 2024/6/17~2024/6/26
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 これからGMP監査及び自己点検などQA業務に携わる初級者のための入門講座 ~QAの基本事項及び監査に必要な監査技法・手法を事例中心に学ぶ~ 受講可能な形式:【Live配信(アーカイブ配信付)】  【ここがポイント】 GMPに熟知しているからといって、継続的改善に繋がる良い監査(自己点検)ができるとは限らない。監査及び自己点検には公式のルールを熟知。 GMP調査すべきこと...
6/18 【基礎編】 開発から製造販売後までの 一貫した安全性評価の取りまとめ方と効率的な資料作成方法
開催日 2024/6/18~2024/6/26
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 【基礎編】開発から製造販売後までの一貫した安全性評価の取りまとめ方と効率的な資料作成方法 ~治験薬概要書やDSUR、CTD、RMP、PBRERなど各資料の構成と作成意図~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】 < セット申込み受付中(割引あり) >【実践編】セミナーとのセット申込しはこちらから  【基礎編】では、治験実施から承認申請、RMPに基づく製造販...
6/19 徹底解説 パワーデバイス
開催日 2024/6/19~2024/6/28
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 徹底解説 パワーデバイス  ~Si・SiC・GaN・Ga2O3パワーデバイスの優位性と課題~~パワーデバイスの高機能化から日本のパワーデバイス産業の復権に向けた展望まで~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 【半導体産業応援キャンペーン対象セミナー】3名以上のお申込みでさらにおトク ​ パワーデバイスについて分かりやすく、詳細に解説        ●...
6/19 医療機器とヘルスケア機器(非医療機器)に向けた 薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発
開催日 2024/6/19~2024/6/28
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 医療機器とヘルスケア機器(非医療機器)に向けた薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発 ~薬機法等の関連法規、開発フロー、つくり方などの製品化と市場導入の準備のキホン~■今日からできる!どの分野でも使える「訴求ポイント」のつくりかた■ 会場受講の申込み受付けは中止となりました。(2024年6月17日更新) 受講可能な形式:【会場受講】or【Live配信】or【...
6/19 ASEAN各国の医薬品申請のための 薬事制度と申請資料作成方法
開催日 2024/6/19~2024/7/1
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ASEAN各国の医薬品申請のための薬事制度と申請資料作成方法 ~ASEAN各国の規制要件の違いとACTD作成事例~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 近年、ASEAN諸国では薬事法関連規制の変更が行われてきています。 最新の薬事規制の概要をふまえ、 医薬品登録のためのASEAN共通の申請様式ASEAN CTDの構成と内容、 および作成する上で注意してい...
6/20 製造承認書および別紙規格の作成にむけた 規格及び試験方法の記載・データの揃え方と 原案作成要領(手引き)の活用法 ―医薬部外品・化粧品―
開催日 2024/6/20~2024/7/1
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 製造承認書および別紙規格の作成にむけた規格及び試験方法の記載・データの揃え方と原案作成要領(手引き)の活用法―医薬部外品・化粧品― ~原料・添加物の申請書作成と審査官の印象が良くなる作成時のポイント~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ  本セミナーは化粧品や医薬部外品の定義・法規制などの基礎から製造承認申請までを網羅的に理解できることを目標とし...
6/21 GMP省令改正における 原材料供給者管理への対応と 原薬・原料・資材各々の取決め事例
開催日 2024/6/21~2024/7/2
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 GMP省令改正における原材料供給者管理への対応と原薬・原料・資材各々の取決め事例 供給者のリスクマネジメント・進め方/どんなリスク?/リスク低減 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】 改正GMP省令やPIC/S GMPで供給者管理に求められていることとは? 原薬、原料、資材の供給者の品質取決めで取り決めておくべきこととは?締結のしかたは? ...
6/21 ICH Q3D/日局をふまえた 元素不純物管理(新薬・既存薬)のための 分析・試験法設定のポイント
開催日 2024/6/21~2024/7/2
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ICH Q3D/日局をふまえた元素不純物管理(新薬・既存薬)のための分析・試験法設定のポイント 元素不純物評価実施方法 / 試験法設定のコツ / バリデーションデータの取得 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】 300件以上の実績をもとに ICH-Q3D試験を実施する際のポイントをいくつかケーススタディととも、、、ICH-Q3D/日局に対応するための医...
6/21 GMP/GQP-QAが行うべき逸脱管理と CAPAの適切性の評価とチェックリストの活用
開催日 2024/6/21~2024/7/2
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 GMP/GQP-QAが行うべき逸脱管理とCAPAの適切性の評価とチェックリストの活用 ~ヒューマンエラー/不正との関係も含めて~〔逸脱やヒューマンエラーをどのように捉え、効率的・効果的に実施するには どのように対処すればよいのか〕 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ  人は誤りをおかすものであり、絶対に間違えない人はいない。 GMPの三原則では、その観...
6/19 ポリウレタン技術 入門講座 ~基礎から応用展開まで~
開催日 2024/6/19~2024/7/3
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ポリウレタン技術 入門講座~基礎から応用展開まで~ ■ポリウレタンの構造・物性の評価方法と設計・制御技術■■エラストマー、表面処理剤、接着剤への応用展開へ■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ ★ ポリウレタンを基礎から学ぶ!各種キャラクタリゼーション、力学物性制御、高機能化・高性能化へ!★ ポリウレタンの構造・物性の評価方法と設計・制御技術を解説い...
6/24 適正なCAPA実現につながる 逸脱・OOS処理フロー及び原因・試験室調査の進め方と 処置事例
開催日 2024/6/24~2024/7/3
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 適正なCAPA実現につながる逸脱・OOS処理フロー及び原因・試験室調査の進め方と処置事例 ≪OOS処理フロー、OOS記録作成、OOS処理事例≫ ●変更管理・逸脱管理コース  〔両セミナーを参加の場合、コース割引価格で受講可能〕  ▼ コース申込みはこちら ≫【Aコース】6/24開催 「適正なCAPA実現につながる逸脱・OOS処理フロー及び原因・ 試験室調査の進め方と処置事...

イベントメニュー

2024年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別イベント情報

サポーターについて

サポーターに登録するとさまざまなプログラムをご利用いただけます