2023年12月1日に開催中のイベント一覧

11/17 水溶性高分子の物性と応用技術・機能創製の研究最新動向
開催日 2023/11/17~2023/12/1
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 水溶性高分子の物性と応用技術・機能創製の研究最新動向 ~増粘作用、界面活性作用、乳化作用などの各種用途展開~ 受講可能な形式:【会場受講】or【アーカイブ配信】のみ 長年ファブリックケアやビューティー・オーラルケア製品の研究開発に従事してきた講師が 教える、水溶性高分子の基礎から応用、単独ならびに界面活性剤複合系の研究事例! ● 物性、使用感、安全性、配合・製造、環境保...
11/21 ≪ICHQ3Dと第十八改正日本薬局方に基づいた≫ 医薬品中の元素不純物分析のデータ及び PMDA等への対応の重要ポイント
開催日 2023/11/21~2023/12/1
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ≪ICHQ3Dと第十八改正日本薬局方に基づいた≫医薬品中の元素不純物分析のデータ及びPMDA等への対応の重要ポイント ~製造販売承認書の審査と製造所の査察における対処法とリスクアセスメントの重要性~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 本講座では、医薬品中の元素不純物の管理と製剤・原薬・添加剤等のリスクアセスメント (リスク管理)及びICH Q3Dの...
11/22 異物分析の基本および必須知識とその実践
開催日 2023/11/22~2023/12/1
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 異物分析の基本および必須知識とその実践 ~手法・装置の選択、サンプリング、前処理技術、データ解析~■最適な分析手法。分析装置の選択■■異物の微細化、微小化、極薄化に対応するサンプリングと前処理技術■■良品率向上に活かすデータの解析とその解釈・考察■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 種類、サイズ、混入経路等、多種多様な異物に最適な前処理、分析手法選...
『高精度・難加工技術展2023』に出展します。
開催日 2023/11/29~2023/12/1
企業名 東レ・プレシジョン株式会社
内容 ものづくりの極限追求をテーマにした「高精度・難加工技術展2023」に出展します。 ブースでは、弊社の高精度で高品位な加工サンプルや、金属3Dプリンター造形サンプル等を 多数展示予定です。 一部のサンプルは、手に触れてご覧いただけますので、是非弊社ブースまでご来場下さい。 ※画像をクリックすると展示会ページにジャンプ 【展示会概要】 展示会名  :高精度・難加工技術展2023 会期    : 202...
高精度・難加工技術展
開催日 2023/11/29~2023/12/1
企業名 GCT Diamond Coating, Inc
内容 当社は2023年11月29日(水)~12月1日(金)に東京ビッグサイトで開かれる「高精度・難加工技術展」に出展します。(ブース番号:K-72) 当社ブースではダイヤモンドコーティングΦ0.1マイクロドリルとPCDエンドミルで加工したセラミックサンプルを展示。Φ0.05~0.1マイクロドリルを使用するとSiC(炭化ケイ素)、AlN(窒化アルミニウム)、クォーツ、ジルコニアの穴あけ加工...
11/24 グリコシル化パターンの違い 及びアグリコシル化が 抗体の生物活性、PK、安定性/安全性に及ぼす影響
開催日 2023/11/24~2023/12/5
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 グリコシル化パターンの違い及びアグリコシル化が抗体の生物活性、PK、安定性/安全性に及ぼす影響 ~糖鎖の視点からより有効で安全な抗体医薬品の開発を目指して~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 関連する主な論文のデータを解説すると共にその意義について考察し、より有効で安全な抗体医薬品の開発するための手がかりを探ります。企業の研究者及びCMC担当者で、抗...
11/24 GMP省令が要求するQAの逸脱の防止対策とCAPA/変更管理・教育訓練
開催日 2023/11/24~2023/12/5
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 GMP省令が要求するQAの逸脱の防止対策とCAPA/変更管理・教育訓練 セミナー後に理解度をチェックできる、効果判定つき 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 本セミナーでは、逸脱事例に基づき、有効的なCAPAの実施と実効性のある教育訓練について、事例集を参考に解説をする。 【得られる知識】・逸脱管理・逸脱とレベル・特性要因図・CAPA・スキル(技...
11/27 架橋技術によるポリマーの 実用的な性能向上と物性・特性改良方法
開催日 2023/11/27~2023/12/5
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 架橋技術によるポリマーの実用的な性能向上と物性・特性改良方法 ~架橋技術の基礎と全体像の把握、製品性能向上への応用~■架橋により変化するポリマー物性■■具体的な架橋の形成技術■■架橋により向上する性能■ 受講可能な形式:【Live配信】または【アーカイブ配信】のみ 接着性、耐熱性、耐油性、耐傷性、形成性、透明性の向上製品の性能を向上させるための、非常に有用な架橋技術架橋に...
11/27 非ニュートン流体中における 気泡・液滴の運動機構・特性とその制御、 スケールアップへの対応
開催日 2023/11/27~2023/12/5
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 非ニュートン流体中における気泡・液滴の運動機構・特性とその制御、スケールアップへの対応 ~実プロセスでの流体系中の気泡・液滴はどう振る舞うのか~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 工業装置・プロセス内で泡・液滴はどう振舞うのか、どこまで制御できるのか複雑流動現象の整理、モデル化、スケールアップ、、、実プロセスにおける複雑な非ニュートン流体系での気泡...
11/27 医薬品研究・製造担当者が知っておくべき 暴露許容値(OEL、ADE・PDE)設定の基礎知識と その活用方法、留意点
開催日 2023/11/27~2023/12/6
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 医薬品研究・製造担当者が知っておくべき暴露許容値(OEL、ADE・PDE)設定の基礎知識とその活用方法、留意点 演習1「暴露許容値(職業暴露限界)の設定」演習2「暴露許容値・職業暴露限界を用いた設備・保護具の選定」 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 『そもそも暴露許容値とは何?』という方から『暴露許容値をどう現場で活用するのか?』『暴露許容値はどう...
11/27 次世代抗体医薬にむけたVHH抗体の開発・技術動向と スクリーニング方法
開催日 2023/11/27~2023/12/6
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 次世代抗体医薬にむけたVHH抗体の開発・技術動向とスクリーニング方法 次世代抗体医薬/VHH抗体・低分子抗体コース【Aコース】 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみVHH抗体の特質についてご理解頂くとともに、 VHHを活用した事業創案へ役立つ知識、特に抗体スクリーニングに関わる最近動向を学ぶ 【得られる知識】本セミナーではVHH抗体の特質についてご理...
11/27 ドライエッチング技術の基礎と 原子層エッチング(ALE)の最新技術動向
開催日 2023/11/27~2023/12/6
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 ドライエッチング技術の基礎と原子層エッチング(ALE)の最新技術動向 ■最先端半導体プロセスに用いられるドライエッチング技術■■原子層エッチング(ALE:アトミックレイヤーエッチング)技術■■プラズマCVD、原子層堆積(ALD)プロセス、デジタル・トランスフォーメーション(DX)■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ ★ 最先端半導体プロセスに用いら...
11/29 高分子材料のモノマー化・解重合技術の基礎と ケミカルリサイクルの技術動向
開催日 2023/11/29~2023/12/6
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 高分子材料のモノマー化・解重合技術の基礎とケミカルリサイクルの技術動向 ~ポリマーからモノマーへの転換を図るケミカルリサイクルの基本と動向~■プラスチック・ゴム材料のリサイクル技術■■解重合・ポリマー熱分解に関する化学反応知識■■高分子材料の開発動向や将来動向と材料リサイクル・炭素循環■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 関心が高まるポリマーからモ...
11/28 抗菌・抗ウイルス・抗バイオフィルムのための 材料表面設計と表面処理技術
開催日 2023/11/28~2023/12/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 抗菌・抗ウイルス・抗バイオフィルムのための材料表面設計と表面処理技術 ~細菌・ウイルス・バイオフィルムの基礎と材料表面での挙動、増殖抑制技術~~殺菌・不活性化・付着防止等の表面処理技術~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 抗菌・抗ウイルス製品の製造・開発・研究およびその高機能化に向け、 細菌・ウイルス・バイオフィルムの挙動や増殖抑制技術、 細菌・不活性...
11/28 FDA、WHO、EMA、ISO等の動向をふまえた EOG滅菌使用の注意すべき点と 滅菌バリデーションの留意点・課題
開催日 2023/11/28~2023/12/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 FDA、WHO、EMA、ISO等の動向をふまえたEOG滅菌使用の注意すべき点と滅菌バリデーションの留意点・課題 ~米国等での各EOG滅菌施設に関する問題発生とその顛末~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 企業の社会的責任CSR、環境側面SDGs、コンプライアンス遵守含めた滅菌プロセスのリスクマネジメントに注意が必要! 近年のEOG滅菌関連の問題...
11/28 シリコン・パワー半導体における CMPの技術動向
開催日 2023/11/28~2023/12/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 シリコン・パワー半導体におけるCMPの技術動向 ~化学機械研磨技術の基礎と最新動向~■CMP技術の基礎的な内容■■半導体プロセスにおけるCMPの適用例■■パワー半導体の基板製造技術■ 受講可能な形式:【Live配信】または【アーカイブ配信】のみ CMPの適用、除去メカニズム、装置コンセプト、洗浄プロセス、、、 それぞれの基本、現状と課題 パワー半導体とシリコン半導体におけ...
11/29 微生物が作る ヌメリ(バイオフィルム)の形成制御、防止・洗浄技術
開催日 2023/11/29~2023/12/7
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 微生物が作るヌメリ(バイオフィルム)の形成制御、防止・洗浄技術 ~バイオフィルムが引き起こす汚染の根絶を目指して~■微生物やバイオフィルムの基礎と理解■■ヌメリ・バイオフィルム制御の現状■■バイオフィルムの検出法・評価法■ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ 生産・製造等の環境下でバイオフィルムに困ってる方は是非やっかいなバイオフィルムを早く見つけ出...
11/30 塗布膜乾燥プロセスの解明・考察・本質の理解と 塗布膜の設計、不良・欠陥対策への応用
開催日 2023/11/30~2023/12/8
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 塗布膜乾燥プロセスの解明・考察・本質の理解と塗布膜の設計、不良・欠陥対策への応用 ~塗布膜の乾燥過程で何が起きてるのか、制御できるのか~■乾燥機構の解明に必要な基礎知識と考え方■■乾燥後に起こる欠陥の改善、ムラ・凹凸等の膜厚分布の制御■ ■塗布された高分子溶液・溶媒の蒸発・揮発過程■ 受講可能な形式:【Live配信】または【アーカイブ配信】のみ 勘や経験に頼らずに、均一ま...
11/30 FIH試験/早期臨床試験における 投与量算出の検討と試験継続の可否の判断
開催日 2023/11/30~2023/12/11
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 FIH試験/早期臨床試験における投与量算出の検討と試験継続の可否の判断 ~初回投与量/安全係数の設定根拠にむけた非臨床データ活用と信頼性と実施前〜実施中の注意点~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ ヒトへ初めて投与するFirst in Human(FIH)試験を含む早期臨床試験では、それ以降の試験に比較し前もって得られるデータが非常に少ない。今回は、...
12/1 スパッタリング法の総合知識とトラブルシューティング
開催日 2023/12/1~2023/12/11
企業名 サイエンス&テクノロジー株式会社
内容 スパッタリング法の総合知識とトラブルシューティング ~物理現象の理解、分析・評価、特性安定化、密着性・信頼性の確保~ 受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ スパッタリング法に関する知識を一日で速習!物理現象の理解から、分析評価手法、特性の安定化、密着性・信頼性の改善などを解説スパッタリング法に携わる全ての技術者が知っておきたい知識とトラブル対策法が学べ...

イベントメニュー

2024年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別イベント情報

サポーターについて

サポーターに登録するとさまざまなプログラムをご利用いただけます